白髪染めの種類と特徴

白髪染めの種類

白髪染めの種類と特徴

ヘアカラーや白髪隠し、トリートメントにシャンプー、ファンデーション。
いざ白髪を染めようと思った時、白髪染めの種類が多すぎてどれを選べば良いのか迷ったことはありませんか?

 

白髪染めにはとても多くの種類があり、それぞれ特徴が異なります。
染め方はもちろん、メリットデメリットも違ってきますので、このページではそれぞれの特徴を解説していきます。

 

白髪染めの種類は大きく分けて3種類

様々な名前の付いた白髪染めが存在していますが、その種類を大きく分けると3種類に分類することができます。

 

永久染毛剤

美容院での白髪染めやヘアカラータイプ、ヘアダイがこれにあたります。
名称通り、髪を永久に染めるための染毛剤ですね。

 

髪のキューティクルを開いて内部に染料を浸透させて定着することで髪に色を付けます。
内部で化学反応を起こして分子を大きくするので、キューティクルの隙間から抜け出にくくなりますので、色落ちしにくく色持ちが良いのが特徴です。
また、一度髪の色素を抜いてから染めるので、明るい色でも簡単に染めることができます。

 

しかし、キューティクルを無理に開いたり、刺激の強い成分が含まれていることが多いので、髪を傷めやすいという難点があります。
美容院で使用される染料と、市販のヘアカラーの染料は同じ種類の物が使用されています。
違いはというと、美容院で使用される染料はPH濃度を調整できますし、シャンプーの際に薬剤を丁寧に落としてくれることです。
髪や頭皮に刺激を与えにくいアルカリ濃度で染め、染めた後にしっかりと落としてくれるので、市販のヘアカラーを自分で使用するよりも髪を傷めずに白髪を染めることが可能になっています。

 

半永久染毛剤

半永久染毛剤は種類が多く、トリートメントタイプやシャンプータイプ、ヘアマニキュア、ヘナ、部分染めなど様々な種類の白髪染めがあります。

 

種類によって白髪の染め方は変わり、トリートメントやヘナは髪の内部に分子の小さな染料をしみこませることで白髪を染めますし、ヘアマニキュアは髪の表面を染料で覆って白髪を染めます。
製品によっては髪の表面と内側両方から染めたり、天然染料を使用していたりと成分も多岐に渡りますが、全体に共通する特徴としては、連続して使用しても髪を傷めない事があげられます。

 

刺激の強い成分は配合されていないことが多く、髪と頭皮に優しい物が多いです。
しかし、負担が少ない分一度で染めるということは難しく、徐々に綺麗に染まっていくという感じです。
また、永久染毛剤とは異なり髪の色素を抜かないので、明るい色に染めることは難しいです。
色持ちも製品によって異なりますが、短くて一週間、長いものでも一ヶ月と言ったところでしょうか。

 

一時染毛剤

白髪隠しやヘアスプレー、ファンデーションが一時染毛剤に分類されます。
髪の表面だけを染めますので髪を傷めにくいですし、染まりやすく色が落ちやすい、名前通り一時的に髪を染めるタイプです。

 

使用に時間も掛からないので手軽に使用できるという利点がありますが、簡単に色が落ちるので長時間の使用には向きません。

 

白髪染めの種類まとめ

白髪染めを大きく種類で分けるとこの3種類になりますが、製品ごとに細かな特徴も変わってきます。
大まかには、しっかりと染めることができる一方で髪を傷めるヘアカラータイプ。
髪や頭皮を傷めない代わりに定期的な使用が必要な白髪用トリートメントやヘアマニキュア。
一日だけの限定的な白髪染めならスプレーやファンデーション。
といったところでしょうか。

 

白髪を染めたい状況や自分が重視したい点など、それぞれの特徴を踏まえて白髪染めを選択する手助けになればと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 白髪について 白髪染めについて 白髪の疑問