白髪染めのコツ

白髪染めのコツ

白髪染めのコツ

「自宅で白髪染めを使ったけれど上手く染まらない」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。
白髪用カラートリートメントやヘアカラーなど、自宅で手軽に使用できる白髪染めは数多くあります。
美容室へ白髪染めに行きたいけれど家事や仕事が忙しくて時間が取れないという時に、自宅でできる白髪染めは短時間でできるものも多くてとても便利ですよね。
ここでは、自宅で白髪染めをする際に綺麗に染めるコツを紹介します。

 

白髪染めの準備

綺麗に白髪染めをするために用意するものは、
・ヘアブラシ
・ビニール手袋
・ヘアキャップ
が必要です。
白髪染めによっては素手で使用できるものもありますが、ビニール手袋を使用すると伸ばしやすいですし、ヘアブラシも手を汚さずに使用でき、塗りムラを減らしやすくなります。
また、ヘアキャップは付属の物があればそれを使用し、なければサランラップで代用することで同じ効果を得ることができます。

 

この他にも、床に汚れが付着しないように新聞紙を敷く、手袋が外れないように輪ゴムで止めるなど、白髪を染める状況によっては必要になるものもあります。

 

綺麗に白髪を染めるコツ

基本的には、使用する白髪染めの説明書通りに髪を染めることが大事ですが、そこに一手間を加えることで白髪を綺麗に染めることができます。

 

@お風呂で染める
白髪染めはお風呂で使用するのがおススメです。
温度と湿度が高いと、色が入りやすくなるためで、お風呂ならこの二つを高く保つのが簡単になります。

 

A水分を拭き取っておく
髪に水気が残っていると、白髪染めが髪に乗りにくく、塗りムラができる原因になってしまいます。

 

B使用量をケチらない
白髪染めはたっぷりと使用してください。
生え際やもみあげなど、気になる部分には他の部分よりも多めに塗るようにして下さい。

 

C放置時間を調節する
染まりやすい髪質の方は目安の時間通りでもしっかりと染まると思いますが、髪が硬めの方や濃い黒髪の方など、髪質が染まりにくい方は目安の時間よりも長めに置いた方が良いです。

 

Dヘアキャップをかぶる
白髪染めをたっぷりと塗ったら、ヘアキャップやラップで髪を包みましょう。
白髪染めを髪に密着させ、保温・保湿することができますので、髪が染まりやすくなります。
また、生え際などの染まりにくい部分には、ティッシュを当てると白髪染めが浸透しやすくなります。

 

Eお湯で馴染むように洗い流す
白髪染めを洗い流す際には優しく流してください。
勢いよく洗い流すとムラができてしまいますので、お湯を使って髪全体に馴染ませるようにしてゆっくりと落とす様にしましょう。
美容院で洗い流してもらう時のように、髪を揉みながら洗うようにするのがコツです。

 

F髪をしっかりと乾かす
色が出なくなるまでしっかりと洗い流したら、しっかりと髪を乾かしてください。
濡れたままにしておくと、キューティクルが開いてダメージに繋がります。
傷んだ髪だと色持ちが悪くなってしまいますので注意が必要です。
また、髪を乾かした後は温めたタオルで髪を巻いて蒸しておくと色が浸透しやすくなります。

 

終わりに

白髪を綺麗に染めるコツといっても難しいことではなく、ひと手間加えるだけのものばかりです。
ここで紹介した7つのコツを抑えるだけでも、自宅での白髪染めが上手くいくはずです。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 白髪について 白髪染めについて 白髪の疑問