遺伝で白髪になる?

白髪染めの女性用と男性用で違いはあるの?

白髪染めの女性用と男性用で違いはあるの?

白髪が気になってきたから白髪染めをしようとドラッグストアを覗いてみると、女性用と男性用の白髪染めがあることに気が付くと思います。
とりあえずは自分の性別にあった白髪染めを選ぶと思うんですが、女性用と男性用で白髪染めにどんな違いがあるのかなと気になったりしませんか?

 

白髪染めにはなぜ女性用と男性用があるのでしょうか。
染まり方や使い方になにか違いはあるのでしょうか。

 

それぞれ特徴が違っていて染まりやすさや使い方が違うんだとしたら、より染まりやすい方を使いたくなりますよね。

 

どちらも染まる原理は同じ

実は、女性用の白髪染めも男性用の白髪染めも成分はほとんど同じですし、髪の染め方が違うなんてこともありません。
ヘアカラータイプなら一度脱色してから色を付けますし、トリートメントタイプやシャンプータイプなら脱色せずに髪の表面に色を付けます。
人によって髪が硬かったり柔らかかったりと髪質が違うことはあっても、男女で髪を構成しているものが違うなんてことはないんですから、染まる原理に違いはでないわけです。

 

男性用だから成分が強くて染まりやすいけど刺激も強いなんてことはありません。
女性用と男性用で分かれていても、気に入った白髪染めを使用しても何ら問題はないということです。

 

女性用の白髪染めと男性用の白髪染めの違い

では、何をもって女性用と男性用を分けているのかというと、その製品のターゲットが違うんですね。
例えば女性の方ですと、白髪染めの香りや染めた髪の色合い、髪の仕上がりなどを気にする方が多いですし、男性の方なら時間を掛けずに白髪染めをしたいという方が多いです。

 

そのため、白髪染めの香りは女性用はフローラルな香りが多く、男性用は無香料が多いです。
カラーバリエーションにしても女性用の方が多く、男性用は暗い色の物が多くなります。
また、女性用にはトリートメント効果のあるものも多いですね。

 

ターゲットとする性別によって、白髪染めに対して求めるものが違ってきますから、それぞれで特徴が変わってくるというわけです。
もちろん女性だからこうだとか男性だからああだとかと言いきることはできませんが、一つの目安として女性用と男性用で別れているというわけです。

 

まとめ

白髪染めには女性用と男性用で別れている場合がありますが、白髪染めの仕組みが変わるわけではありません。
製品によっては成分に若干の違いはありますが、基本的には同じですし、その違いは男女差というよりはその製品の特徴です。

 

女性用でも男性用でも、自分にあった白髪染めを探して、気に入った物を使用するのが良いのではないでしょうか。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 白髪について 白髪染めについて 白髪の疑問