白髪は抜くと増える?

白髪は抜くと増える?

白髪は抜くと増える?減る?

白髪は抜くと増えてしまう、またはその逆で白髪を抜くと毛が生えてこなくなるという噂を聞いたことがあるのではないでしょうか。
白髪が気になってくると、抜いてしまいたくなりますよね。
でも、こんな噂が気になって抜いて良いのか迷ってしまうなんてこともあると思います。

 

この噂は本当なのでしょうか。
白髪を抜くとどうなるのか。その影響を解説していきたいと思います。

 

白髪の原因はメラニン色素の不足!

そもそも白髪は加齢等が原因による、髪を黒く染めているメラニン色素の不足です。
詳しくは白髪の原因のページでで解説していますので省きますが、メラニン色素の供給が減ってしまうことで髪に色が付かなくなって生えてきてしまいます。

 

白髪はもちろん、黒い髪でも抜いたからといってメラニン色素が減るわけではありません。
そういう意味では、白髪を抜いたからといって白髪が増えてしまうということはないんです。

 

髪の毛は毛乳頭から生えてくる

髪の毛の構造は、皮膚から下に隠れている部分を毛根と呼び、毛根の一番下にある部分にある毛乳頭が髪の毛に栄養を送ることで、髪の毛は成長をします。
この毛乳頭がある限り、髪の毛は何度抜いても生えてきます。
逆に言うと、毛乳頭が傷付いたり壊れてしまうと、髪の毛は生えてこなくなってしまうんです。

 

とは言っても、毛乳頭は簡単に壊れることはありません。
無駄毛処理の事を考えてもわかると思いますが、何度抜いても剃ってもしつこく生えてきますよね。
なので、白髪を抜いても毛乳頭が簡単に壊れることはないというわけです。

 

白髪は抜いても増えないけど注意も必要

白髪の原因はメラニン色素の減少ですから、白髪を抜いたからといって白髪が増えることはありません。
また、白髪を抜く程度では、髪の毛を作っている細胞を傷付ける可能性は低いので、髪の毛が生えてこなくなるなんてことも考えにくいです。

 

しかし、白髪を何度も引き抜くと、毛乳頭を少しずつ傷付ける可能性はあります。
無理に力が加わることで、頭皮が傷んで炎症を起こす可能性もあります。
そもそも白髪が生えてくる場合、その毛乳頭ではメラニン色素を作り出す機能が低下しているので、抜いたとしても普通はまた白髪が生えてくるだけです。

 

白髪を抜いて白髪が増えたり、髪の毛が生えてこなくなる事は考えにくいですが、気にしすぎて無理に引き抜くのはやめた方が良いでしょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 白髪について 白髪染めについて 白髪の疑問