過酸化水素の蓄積が白髪の原因に

過酸化水素を減らして白髪予防

過酸化水素の蓄積が白髪の原因に

白髪の原因でも解説していますが、白髪が生えてくる原因の一つに過酸化水素の蓄積というものがあります。

 

過酸化水素は活性酸素の一つです。
呼吸することで体内に取り込まれた酸素は身体を動かすために必要なエネルギーに変わります。
その時に使用された酸素の一部が活性酸素になり、更にその一部が過酸化水素になるんです。

 

過酸化水素には、体内の細胞を酸化させて腐食させる働きがあります。
白血球の機能の一部として細菌や異物を攻撃してくれる、身体を守ってくれています。
しかし、毒性が強いため、増えすぎると体内の細胞を酸化させてしまい、老化や病気を引き起こす原因になっているとも言われています。
髪の毛への影響としては、頭皮を傷めてしまうので薄毛の原因になりますし、髪を黒く染めているメラニン色素を作っているチロシナーゼを酸化させてメラニンを作れなくしてしまいますので、白髪の原因にもなります。

 

このように、過酸化水素には良い働きも悪い働きもあり、増えすぎると身体にとって害になりますし、白髪の原因にもなってしまうんです。

 

過酸化水素が増える原因

過酸化水素はエネルギーを生み出すときに発生します。生きているだけで自然に発生してしまうんです。
また、条件が重なると大量の過酸化水素が生み出されます。

強い紫外線を受けると発生

紫外線を受けると、そのダメージから身体を守ろうとして活性酸素が作られます。
紫外線によるダメージが少ない場合は肌の新陳代謝によって体外に排出されますが、強い紫外線によって受けるダメージが大きいと、その分多くの過酸化水素が作られ、新陳代謝による排出が間に合わなくなります。
頭は人の身体の中でも特に太陽に近い位置にあるため、受ける紫外線の量も特に多くなります。

ストレスを感じると発生

ストレスを受けると、身体はストレスを緩和させようとホルモンを分泌します。
その際にホルモンと一緒に作られるのが活性酸素です。

激しい運動をすると発生

激しい運動も過酸化水素が発生する原因になります。
エネルギーを作る際に発生するのが過酸化水素ですので、エネルギー消費が増えればその分過酸化水素も発生します。

 

 

他にも喫煙や肥満、放射線の影響など、様々な原因によって過酸化水素は発生しています。
しかし、身体にはこの過酸化水素から身を守る機能も存在します。

 

スーパーオキシドディスムターゼやカタラーゼ、グルタチオンペルオキシダーゼなどの酵素はエネルギーを作る際に発生する過酸化水素を酸素と水に分解してくれます。
本来これらの酵素によって過酸化水素は日常的に分解されるので、ほとんど問題は起こりません。

 

しかし、栄養の不足や加齢によって過酸化水素の分解に必要な酵素の生産が減ってしまったり、過酸化酸素が大量に発生してしまうと、過酸化酸素の分解が追いつかなくなってしまいます。
その結果、分解しきれずに過酸化酸素が増えていってしまうんです。

 

過酸化水素を減らすには

増えてしまうと白髪の原因になってしまう過酸化水素。
白髪を予防するためにも、過酸化水素の発生を少なくしたり、発生しても素早く分解してしまうことが必要になります。

 

過酸化水素の発生を少なくするためには、紫外線対策をしっかりすることや生活習慣の改善など、普段の生活を意識することで対処することができます。
また、発生した過酸化水素を素早く分解するために、過酸化水素に対抗するための酵素を増やすことも大切です。
と言っても、先程挙げた酵素は年齢とともに減っていきますし、一生のうちに作られる量は決まっているとも言われています。

 

体内で作られる酵素を増やすというのはあまり現実的ではありませんが、体外から抗酸化物質を取り入れることはできます。
ビタミンCやビタミンB、βカロテン、ポリフェノール、食物センイなどには活性酸素に対抗する力があります。
バナナなどの果物にはビタミンが豊富に含まれていますし、緑黄色野菜や海藻類にもこれらの抗酸化物質は多く含まれています。
どうしても食事でこれらの抗酸化物質を摂取することが難しければ、サプリメントによって補うこともできます。

 

生活習慣を改善して過酸化水素の発生を減らし、体内で活性酸素を減らすために食生活を改善することが、白髪を予防するためには大切です。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 白髪について 白髪染めについて 白髪の疑問