紫外線の影響で白髪が増える?

紫外線が髪に与える影響

紫外線の影響で白髪が増える?

強い紫外線を浴びすぎると日に焼けて、跡がシミやシワになったり、皮膚がんや白内障の原因になってしまったりと悪影響があることはご存じだと思います。
近年では海に遊びに行く人でも紫外線対策をしている人が多いですよね。

 

悪影響ばかりが目立つ紫外線ですが、殺菌効果やビタミンDの生成など、人間にとって必要なものでもあります。
今回は、そんな紫外線が髪に与える影響、それによる白髪への影響を解説していきます。

 

紫外線が与える影響

身体の中でも太陽に一番近い位置にある頭は、特に多くの紫外線を浴びると言われています。
大量の紫外線を浴びる髪は、その表面をうろこ状のキューティクルに覆われています。
このキューティクルは、ケラチンという繊維状のタンパク質を主な成分として作られているのですが、紫外線はタンパク質を変性させてしまいます。
変性してしまったキューティクルは剥がれやすくなりますので、髪の水分を保つことができなくなります。
その結果、髪はパサツキ、乾燥、枝毛や切れ毛の原因となってしまいます。

 

また、当然頭皮も紫外線を浴びています。
紫外線には浸透性があり、細胞をじわじわと破壊していきます。
このじわじわとという部分が厄介で、強い日差しを浴びたからといってすぐに実感できるものではありません。
そうして時間をかけて細胞が破壊されていくことは光老化と呼ばれています。

 

光老化の解説を簡単にすると、皮膚が紫外線を浴びてダメージを受けた時、細胞を守ろうと活性酸素が作られます。
本来、活性酸素は細菌を取り除いてくれる頼もしい存在ですが、強い紫外線を浴びた場合は話が変わってきます。
強い紫外線を浴びると、その刺激から細胞を守ろうとして大量の活性酸素を作り出してしまいます。
活性酸素は増えすぎると、体内の細胞を酸化させ、酸化した細胞は老化してしまいます。
これが光老化が起きる仕組みになります。

 

光老化が皮膚で起きるとコラーゲンが破壊されて硬くなり、シワやたるみ、シミの原因にもなるのですが、頭皮の場合は髪の毛を作る元になっている毛母細胞がダメージを受けます。
毛母細胞がうまく機能しなくなると髪の毛が抜けてしまったり、そもそも髪の毛が生えてこなくなります。薄毛の原因ですね。
毛母細胞の中には髪の毛を黒く染めているメラニン色素を作る細胞がありますので、メラニン色素が作られなくなることで白髪も増えてしまいます。

 

光老化は髪の毛でも同時に進行します。
紫外線が髪の毛の内部にあるメラニン色素を分解してしまうので、髪の毛を黒く保つことができず、白っぽい赤茶けた色に変わってしまいます。

 

このように、紫外線の影響には無視することのできない悪影響が多いことが分かります。

 

紫外線のせいで白髪が増えないように対策を!

強い紫外線を浴びると、頭皮や髪はダメージを受け、光老化が起きてしまって抜け毛や薄毛、白髪の原因になってしまいます。
しかし、適度な紫外線は殺菌効果がありますし、髪の毛を黒く染めるメラニン色素が増える原因にもなりますので、悪いことばかりでもありません。
ですから紫外線は絶対にダメと過敏に反応する必要はありませんが強い紫外線を浴びて白髪が増えるなんてことのないように、しっかりと紫外線対策をするようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 白髪について 白髪染めについて 白髪の疑問