白髪はなぜ生えてくる?

白髪の原因

白髪はなぜ生えてくる?

年齢を重ねる毎に存在感を増していく白髪…。
日本人の場合、平均して30代頃から白髪が増えていくと言われています。
女性なら30代後半、男性だと30代前半くらいからはっきりと意識できるほど増え、一気に老けたように感じて気になる方も多いのではないでしょうか。
ではこの気になる白髪はなぜ生えてくるのでしょう?

 

白髪が生えてくる原因には大小様々なものがあると言われています。
遺伝や加齢、ストレス、栄養不足や生活習慣の乱れなどですね。
これらの白髪の原因の中でも、特に大きな影響を与える原因が2つあります。

 

・色素幹細胞の機能不全
・過酸化水素(活性酸素)の影響

 

この2つが白髪の原因に大きく影響を与えているのですが、それぞれについて解説していきます。

 

色素幹細胞の機能不全

まずは私たちの髪の毛がなぜ黒く染まるのかを解説します。

 

髪が黒く染まる仕組みには、私たちの頭、髪の毛の根っこ辺りにある色素幹細胞という細胞が関係しています。
色素幹細胞はメラノサイトという、メラニン色素を作る細胞を生み出しています。

 

私たちの髪の毛はもともとは白いのですが、このメラニン色素によって黒く染められているんです。
色素幹細胞が髪の毛の根元で頑張ってくれているから、髪の毛は綺麗な黒髪として生えてくるんですね。

 

しかし年齢を重ねると、この色素幹細胞が傷付いてしまいます。
傷付いてしまうと髪を黒く染めている色素(メラニン)を作るメラノサイトを上手く生み出すことができなくなってしまいます。
メラノサイトが十分に生み出されなくなると、メラニン色素が足りなくなってしまいます。
メラニン色素は元々皮膚に存在するものではありませんので、色素幹細胞がメラニンを作ることができなくなると髪を黒く染めることができなくなります。

 

その結果、黒く染まりきらなかった髪が生えてきます。
この黒く染まりきらなかった髪が白髪の正体だったというわけです。

 

つまりは、色素幹細胞が機能不全を起こすことでメラノサイトが十分に生まれなくなり、メラノサイトが生み出すメラニン色素が減ることで白髪が生えてきてしまう訳です。
これが、白髪の大きな原因の一つです。

 

過酸化水素(活性酸素)の影響

近年白髪の原因の一つであると考えられるようになったのが、過酸化水素です。
過酸化水素水という形でヘアカラータイプの白髪染めにも使用されていることがあります。
しかし、聞いたことがあっても詳しくは知らない方が多いのではないでしょうか。

 

過酸化水素は活性酸素の一つで、呼吸をしたり体温を保ったりと普段の生活の中で自然に発生しています。
人が呼吸をして取りこんだ酸素は、体内で燃焼して身体を動かすエネルギーになるのですが、その際1〜3%が活性酸素になると言われています。
更にその一部が過酸化水素になるわけです。

 

過酸化水素は白血球の免疫機能の一部として、体内に侵入してきた細菌を殺菌したり、体内の余分な水素と結合して外に出すという働きがありますので、生きていく上で必要不可欠なものです。
しかし、過酸化水素が持つ酸化能力は強すぎるため、増えすぎると体内の無害な細胞まで酸化してしまい、身体に悪影響を与えてしまいます。

 

普通でしたら細菌を殺菌した後、体内にある酵素によって自然と分解されるのですが、加齢や外部からの刺激によって分解する力は弱まっていきます。
そうして蓄積していく過酸化水素が髪に与える影響が、白髪の原因になってしまうんです。

 

過酸化水素は、髪を黒く染めているメラニン色素を生み出す材料になるチロシナーゼという酵素を酸化してしまうので、メラニン色素を作ることができなくなり、白髪が生えてきてしまいます。
分解しきれずに蓄積した過酸化水素が、白髪が生えてきてしまう大きな原因の一つです。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 白髪について 白髪染めについて 白髪の疑問