メラニン不足が白髪の原因に

メラニンを増やして白髪予防

メラニン不足が白髪の原因に

白髪の原因でも解説しているように、髪の毛は産毛の時には色が付いていません。
私たちの髪に黒い色を付けているのがメラニン色素で、このメラニン色素の種類と色によって髪の色は決まります。

 

メラニン色素には黒系の色を付けるユーメラニンと、赤系の色を付けるフェオメラニンの2種類が存在します。
日本人はユーメラニンの量が多いから髪が黒くなりますし、メラニンをほとんど含んでいない髪が白髪になります。

 

メラニン色素は髪の毛の根元の辺りにある色素幹細胞が作り出すメラノサイトによって生み出されています。
しかし、このメラノサイトや色素幹細胞の働きが加齢やストレス、遺伝の影響によって低下してしまうと、メラニン色素が生み出されなくなってしまい、白髪が生えてきてしまいます。

 

白髪の原因には、他にも過酸化水素の影響などが考えられていますので、メラニンの不足を補うだけでは白髪を完全に予防することは難しいですが、それでも大きな原因の一つであるメラニンをしっかりと作ってあげることができるのなら、白髪を予防できるかもしれないというわけです。

 

メラニン不足を解消するには

では、メラニンの量を正常に保つためには何をすれば良いのでしょうか。

 

メラニンは私たちの皮膚にもともと存在している細胞ではなく、チロシンというアミノ酸の一種を食物から摂取し、チロシナーゼという酵素が働くことで作られます。
白髪を予防するためには、このチロシンかを増やしてあげることが効果的です。

 

チロシンは肉類や魚介類など様々な食品のタンパク質に含まれており、特に多く含まれている食品の例を挙げると、
・かつお節
・高野豆腐
・生たらこ
・チーズ
などがあります。
これらの食物を意識して食べることで、白髪の予防を期待することができます。

 

チロシンを補給する際の注意点

チロシンを補給することでメラニンを増やし、白髪を予防する。
しかし、注意する点があります。
メラニンを増やすことで白髪を予防することはできますが、ノルアドレナリンを増やす働きもあるので、多すぎると血圧が上がる可能性があります。
高血圧の方は、過剰摂取しないように気を付けてください。

 

また、メラニン色素はシミの原因にもなります。
普通であればメラニンは肌の新陳代謝によって排出されますが、メラニンの量が増えすぎると排出しきれずにシミになってしまうんです。
白髪を予防するためにチロシンを多く摂取し、メラニンを増やした結果シミができてしまったなんてことにもなりかねません。

 

紫外線を浴びるなど刺激を受けることでシミができてしまう原因にもなるので、チロシンを多く摂取するのなら紫外線を浴びにくい夜に摂取することをおススメします。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 白髪について 白髪染めについて 白髪の疑問