白髪染め比較ランキング

白髪染め比較ランキング

白髪染めは刺激の少ないものを選びましょう!

当サイトにご訪問頂きありがとうございます。

白髪のせいで老けこんで見える…。
白髪を染めたいけど、髪のダメージが気になる…。

一度気になりだすと、染めなければ気が済まないってくらいに気になるのが白髪ですよね。
30代の頃から増えだす白髪は、多くの人にとっての悩みの種になっています。

白髪の場合は増えてくると化粧品やなんかでは簡単には隠せないですから、人から老けて見えるんじゃないかと気になりますよね。
また、白髪を染めるとなると、どうしても髪が傷むんじゃないかと思う方も多いでしょう。
せっかく白髪を染めたとしても、ぱさぱさごわごわとした髪になってしまっては嬉しくありません。
それに、髪が傷んでしまうと色の染まりは良くなりますが、色持ちが悪くなってしまいます。
つまり、気軽に白髪染めをしてしまうと、白髪を気にして白髪染めをして髪を傷め、髪を傷めることによって白髪染めの間隔が狭くなって更に髪を傷めるという悪循環に陥ってしまうんです。
白髪を染めるのなら、髪を傷めない方法を探すことが必要になってきます。

では、髪を傷めずに白髪を染めるにはどうしたら良いのか。
このサイトでは、髪の健康を保ちながら白髪を染めるためのおススメの白髪染めを紹介していきます。

白髪染め選びで押さえておくべき4つのポイント

白髪染めといっても種類が多くて違いがわからないですよね。

でも、難しく考える必要はありません。
白髪染めを選ぶ際に4つのポイントさえ押さえておけば、自分に合った白髪染めを選ぶことができます。

白髪染め選び4つのポイント


1.髪や頭皮へのダメージは少ないかどうか
2.白髪染めに使用されている成分は大丈夫かどうか
3.髪を元気にしてくれるかどうか
4.手軽さ

髪や頭皮へのダメージは少ないかどうか

まず、最初に押さえておきたいのは髪や頭皮へのダメージです。
白髪を綺麗に染めることができても、結果として髪がぱさついたりごわついたりしては嬉しさも半減しますからね。
白髪染めはどうしても使い続ける必要がありますので、長く使用しても髪にダメージを与えずに染めることができる白髪染めを選ぶことが大切です。

白髪染めに使用されている成分は大丈夫かどうか

髪と頭皮へのダメージと同じく、気にしなければならないのが配合成分です。
代表的なものをあげるなら、ジアミン系の染料を使用していないかどうかですね。
ジアミン系染料は市販の白髪染めに配合されているもので、長年使用しているとアレルギーを引き起こすことがあり、頭や顔が真っ赤になったり激痛を引き起こすことがあります。

こういったアレルギーを引き起こす可能性があるものが配合されていない白髪染めなら長く使用し続けることができますし、安心して使用することができます。

髪を元気にしてくれるかどうか

白髪染めは定期的に使用する必要のあるものですから、髪への影響も大切な要素です。
どうせ使用するなら、健康で綺麗な髪に育ててくれる方が良いですよね。

ここでのチェックポイントは白髪染めに配合されている美髪成分です。
白髪染めの中には、白髪を染めると同時に髪や頭皮に栄養を与えたり、美髪効果の高いものがありますので、自分の目的にあった効果のあるものを選ぶことをおススメします。

手軽さ

手軽さとしては、使用時間や価格、素手で使用できるかなどです。
白髪染めに掛かる時間が短かければ気軽に使用できますし、お財布に優しければ使用頻度や量を増やすこともできます。
髪の量によって使用する量が変わりますので一回当たりいくらと一概には言い難いですが、大切なポイントになってきます。

では、これらのポイントを踏まえて、当サイトのおススメ白髪染めを比較してみましょう。

白髪染め比較一覧表

 

白髪染めの

ダメージ

安全評価

補修力

染まり具合

色持ち

利尻ヘアカラートリートメント

刺激の強い染料は使用されていません。

毒性・刺激の強い成分はほとんどありません。

保湿力が高く、髪を補修しながら保護。

1度目からでもしっかりと色が入ります

髪の内部まで染色することでしっかり色持ち

グローイングショット

刺激の強い染料は使用されていません。

毒性・刺激の強い成分は少ないです。

髪を保湿・補修し、頭皮環境を整えて美髪に。

短時間でしっかり染まり、数回の使用で綺麗に

一度色が入れば抜けにくく、非常に良い

ラサーナ ヘアカラートリートメント

刺激の強い染料は使用されていません。

毒性・刺激の強い成分は少ないです。

抜群の補修力。
ツヤ・ハリのある髪に。

色が入りやすく、重ねる度に深く綺麗に。

色持ちはするが、普通のシャンプーだと色落ちしやすい

ルプルプ ヘアカラートリートメント

刺激の強い染料は使用されていません。

 

毒性・刺激の強い成分は少ないです。

保湿力がとても高く、頭皮環境を整えることで美髪に導きます

色が入りやすく、複数回で綺麗な色に。

一度色が入れば抜けにくいです。

キラリ カラートリートメントムース

刺激の強い染料は使用されていません。

毒性・刺激の強い成分は少ないです。

内部まで栄養が浸透しハリ・コシのある髪に。

色が入りやすく、複数回で綺麗な色に。

一度色が入れば抜けにくいです。

髪萌ヘアカラートリートメント

刺激の強い染料は使用されていません。

毒性・刺激の強い成分は少ないです。

髪を補修・保湿髪と地肌に栄養を与えて育毛

複数回の使用で深く自然な色合いに。

普通のシャンプーだと色落ちしやすい

くろめヘアカラートリートメント

刺激の強い染料は使用されていません。

毒性・刺激の強い成分は少ないです。

髪と頭皮を補修・保湿。育毛効果にも期待。

綺麗に染めるには複数回の使用が必要

普通のシャンプーだと色落ちしやすい

利尻カラーシャンプー

刺激の強い染料は使用されていません。

毒性・刺激の強い成分は少ないです。

保湿力が高く、髪を補修しながら保護。

綺麗に染めるには複数回の使用が必要

色が抜けやすいということもなくそれなり。

白髪染めおススメランキング

第1位  利尻昆布ヘアカラートリートメント
シリーズ累計1,500万本販売を誇る売上日本一の白髪染めです。
刺激の強い成分を含まない、髪と頭皮に優しい無添加製品で、天然由来の美髪成分が豊富に含まれています。
色付きが良く、一度目からでもしっかり染まって色持ちも良く、全てが高水準でまとまっている製品です。
白髪染め選びに迷ったら、利尻昆布ヘアカラートリートメントを選べばまず間違いはありません。

価格

内容量

カラー

ブランド

初回2,160円

(通常3,240円)

200g

ライトブラウン

ナチュラルブラウン

ダークブラウン

ブラック

自然派clubサスティ

(株式会社ピュール)

           

第2位  グローイングショット カラートリートメント
40代以降の女性向けに、ハリとコシのある健やかな黒髪を目指すヘアケアシリーズの白髪染めです。
ポーラ独自のエイジングケア技術を応用し、頭皮と髪に潤いを与えて艶やかな美髪に導いてくれます。
短時間の使用でしっかりと色が付き、回数を重ねる毎に深く綺麗な色合いに染まりますし色持ちもとても良いです。
全体的に欠点らしいものは見当たらない、非常に高品質の白髪染めです。

価格

内容量

カラー

ブランド

3,132円

200g

ブラック

ブラウン

POLA

(株式会社ポーラ)

          

第3位  ラサーナ ヘアカラートリートメント
ラサーナ ヘアカラートリートメントはトリートメント力が非常に高いのがの特徴です。
即効性があり、すぐに実感できるほど補修力が高いです。
染料に内側と外側から染めるWカラー処方を用い、天然色素も使用されているため、髪の染まりも良いですし一度色が入れば色持ちも良いです。回数を重ねる毎に深く綺麗な色に染まります。
ダークブラウンは使いやすい色ではありますが、もう少し色の種類が増えると嬉しいところではあります。
補修力の高い白髪染めを探している方にはとてもおススメです。

価格

内容量

カラー

ブランド

初回2,480円

(通常3,024円)

180g

ダークブラウン

ラサーナ

(株式会社ヤマサキ)

          

     第4位  ルプルプ ヘアカラートリートメント
ガゴメ昆布由来のフコイダンが配合された高い保湿力が特徴の白髪染めです。
フコイダンが地肌の奥まで浸透するので、頭皮環境を整えて美髪の育成を促してくれます。
刺激の強い染料を使用していないので髪を傷めずに白髪を染めることができますし、染まりやすく色持ちも比較的良いです。
大きな欠点らしい欠点がなく、全体的に評価の高い、万人向けの白髪染めです。

価格

内容量

カラー

ブランド

初回1,980円

(通常3,240円)

200g

ブラウン

ダークブラウン

モカブラウン

ソフトブラック

ナチュラルブラック

株式会社

Jコンテンツ

           

     第5位  キラリカラートリートメントムース
医科大学の研究チーム発のムースタイプのカラートリートメント。
加齢による髪に対する悩みを解決するために開発された白髪染めです。
髪に密着しやすいムースタイプなのでムラなく白髪を染めることができます。
独自開発された技術によって髪や地肌に負担を掛けずに髪を染めることができますし、同時に髪の内部にまで栄養を浸透させることで髪に潤いやツヤを与えてくれます。
髪年齢が気になる方は是非。

価格

内容量

カラー

ブランド

初回2,160円

(通常3,240円)

150g

ブラック

ダークブラウン

ライトブラウン

株式会社

ナノエッグ

           


1位の利尻昆布ヘアカラートリートメントは髪や肌に優しくて色付き・色持ちが良く、補修力も高いオールマイティな白髪染めです。
売上No.1を誇るだけあって、欠点のない製品です。
2位のグローイングショット カラートリートメントは界面活性剤の配合が他よりも少し多いですね。毒性や刺激は少ないですし、普通のトリートメントにも配合されていますのであまり気にはならない程度ですが。
それ以外では非常に優れていますし、他の白髪染めと比べても補修力・色の染まり・色持ちそれぞれがトップレベルです。
3位のラサーナ ヘアカラートリートメントはトリートメント力がとても高いです。
回数を重ねれば綺麗な色に染まりますし、色持ちもします。
4位のルプルプ ヘアカラートリートメントも万人向けの白髪染めです。
保湿力が特に高く、白髪の染まりも色持ちも良いですし、全体的に高くまとまっています。
5位のキラリ カラートリートメントムースは髪に潤いを与えてくれます。
使いやすいムースタイプというのも良いですし、ムラなく染めることができます。色の染まりも良いです。

それぞれの特徴を踏まえておススメするなら、
白髪染め選びに困ったら万人向けの利尻昆布ヘアカラートリートメント
界面活性剤を気にしない方ならグローイングショット カラートリートメント
補修力を一番に考える方ならラサーナ ヘアカラートリートメント
がおススメです。
ルプルプ ヘアカラートリートメントも非常に完成度の高い白髪染めですので、他の白髪染めが合わないという方はお試しになることをおススメします。
髪に潤いがないように感じる方はキラリ カラートリートメントムースもおススメです。

ヘアカラータイプの白髪染めや美容院での白髪染めは刺激が強い

白髪を染めるなら美容院へ行けば良いし、自宅で白髪を染めるなら手軽なヘアカラータイプで良いじゃないか。
そんな風に考えていませんか?

実は、ヘアカラータイプの白髪染めや美容院での白髪染めに使用されている染料は髪や頭皮への刺激がとても強いんです。
というのも、どちらも髪の表面を覆うキューティクルを無理矢理開いて髪の内部に染料を染み込ませて、髪を一度脱色してから再び髪を染めているんですね。

この方法なら髪を好きな色に染めることができますし、髪の内部まで染めることで色持ちが良いのも確かです。
しかし、一方で髪に対する負担はとても大きくなってしまいます。
開いたままのキューティクルだと、髪の水分を保つことができずに乾燥してしまいますし、外部からの刺激にも弱くなってキューティクルが傷付き、切れ毛や枝毛の原因になってしまいます。
キューティクルが傷付いて剥がれてしまえば髪を覆うものがなくなり、栄養が外に流れ出たりツヤがなくなってしまったりもします。

自宅でヘアカラータイプの白髪染めを使用して、髪が傷んでしまうのはこのためです。
美容院なら白髪染めの後に薬剤をしっかり洗い流したり乾燥したりとある程度カバーはしてくれますが、それでもダメージは蓄積します。

また、キューティクルが傷んでいる髪に白髪染めをしても、染料が外に流れ出てしまいますので色持ちが悪くなってしまいます。
その代わりに染料が内部に浸透するのを妨げるものがなくなる分色が染まりやすくなりはしますが、それ以上のデメリットがあるとなるとメリットとは感じられませんよね。

つまり、ヘアカラータイプの白髪染めや美容院で白髪染めを繰り返すうちに髪にダメージが蓄積し、色持ちが悪くなることで白髪染めの間隔が狭くなって更に髪を傷めるなんて事になりかねないんです。

ですので、ヘアカラータイプにしても美容院での白髪染めにしても、髪や頭皮へのダメージを考えるなら避けるべきということになります。

髪を傷めずに白髪を染めるなら白髪染めトリートメント!

白髪染めトリートメントは無添加の物が多く、配合成分や染料にしても天然成分が多く、髪や頭皮への刺激が少ないものが使用されています。
また、白髪を染めるメカニズムも髪の表面を覆うキューティクルを無理に開くことなく、髪の表面やキューティクルの隙間に染料を浸透させて発色することで白髪染めをしますので、髪や頭皮にダメージを与える心配はありません。

難点としては、白髪染めトリートメントは髪の表面を染めるだけですので、ヘアカラータイプの白髪染めや美容院での白髪染めと比べると色持ちはしませんし、脱色するわけではないのでカラーバリエーションにも限界があります。
一度で髪を染めるというよりは、複数回使用することで徐々に髪を染めていくという製品が多いのも事実です。

しかし、キューティクルを無理に開く必要がないので髪を傷めにくいですし、トリートメント効果があるので髪に栄養を与えることができ、髪にダメージを与えるどころかハリやコシを出すことができます。
頭皮環境を整えることで、白髪の予防も期待できる点も嬉しいところ。
色持ちが悪いと言ってもヘアカラータイプや美容院での白髪染めと比べるという程度ですし、一度染まってしまえば数日に一度の使用で綺麗な髪色をキープできます。
それに、使用方法も普段使用しているトリートメントの代わりに使用するだけという手軽さであまり時間も掛けずに白髪を染めることができます。

髪や頭皮にダメージが蓄積してしまうと白髪の原因が増えることにもなりますし、白髪染めの間隔が狭くなって更に髪を傷めることにもなりかねません。
髪や頭皮の健康を考えるなら、白髪染めには迷わずトリートメントタイプの白髪染めを使用することをおススメします。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 白髪について 白髪染めについて 白髪の疑問